最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界

  • 19 読みたい
  • 76 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界 本 Epub や Pdf 無料, グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界, オンラインで書籍をダウンロードする グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界 無料で, 本の無料読書 グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  クラウス・シュワブ, ティエリ・マルレ
    • 訳者:  藤田正美, チャールズ清水, 安納令奈
    • 発売日:  2020年09月15日
    • 出版社:  日経ナショナル ジオグラフィック社
    • 商品番号:  4660008914270
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2020年に世界を覆ったパンデミックは、それまでに起きつつあった変化を劇的に加速した。もう元には戻れない。「マクロ」の視点、「産業と企業」の視点、「個人」の視点それぞれから、次に来る新しい世界を提示する。いま何が起きているのか、これから何が起きるのかを、俯瞰して知るのに最適な1冊。


    <著者紹介>

    クラウス・シュワブ

    1938年、ドイツ、ラーベンスブルグ生まれ。世界経済フォーラムの創設者で現在も会長を務める。1971年に発表した『機械工学分野の最新企業経営』で、企業は株主だけでなく、すべての利害関係者、すなわちステークホルダーのために、長期的成長と繁栄を実現する使命があると説き、このステークホルダー尊重主義を推し進めるために、同年、世界経済フォーラムを設立した。


    ティエリ・マルレ

    1961年、フランス、パリ生まれ。個人投資家、グローバル企業のトップ、オピニオンリーダーや政策決定者向けに簡潔な予測分析を提供するオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の創設者であり、現在も代表を務める。世界経済フォーラムとの関わりも深く、グローバルリスクネットワークを設立し、そのプログラムのリーダーを務める他、さまざまな役職を兼任している。

あなたも好きかもしれません

グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界 by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2