最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

坂本龍馬

  • 18 読みたい
  • 24 現在読んでいるもの

発行元 桃崎有一郎 .

    Download 坂本龍馬 本 Epub や Pdf 無料, 坂本龍馬, オンラインで書籍をダウンロードする 坂本龍馬 無料で, 本の無料読書 坂本龍馬オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 坂本龍馬 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  町田明広
    • レーベル:  集英社インターナショナル
    • シリーズ名:  新説 坂本龍馬(インターナショナル新書)
    • 発売日:  2019年12月20日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4826921820001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    あなたの知っている坂本龍馬、フィクションではありませんか? 龍馬の名は、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』など伝記小説から広まったため、実像と離れた「伝説」が生まれ、今なおそれが通説となっている。歴史学者が丹念に史料を読み解くことでわかった龍馬の実像とは!? 龍馬は薩摩藩士? 薩長同盟に龍馬は無関係? 亀山社中はあったのか? 大政奉還は龍馬のアイディア? など、新知見が満載。「英雄フィルター」を外してみれば、龍馬の真価が見えてくる。ーー(本書「プロローグ」より)私は、明治維新史を専門としているが、その主な対象は幕末政治史であり、さらに絞り込めば、薩摩藩を中心に研究を行っている。その他にも、攘夷といった対外認識論(外国に対する考え方、世界観)にもアプローチしている。そうした中で、とくに前者の研究において、龍馬の存在はきわめて重要である。しかし、史料にあたっていくと通説と違った龍馬の動向が散見され、過大評価された部分も少なくないと感じる。一方で、過小評価されていた部分も発見した。これは、龍馬の価値を高めることとなるだろう。こうした新しい龍馬を提示したい。

あなたも好きかもしれません

新説 坂本龍馬(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル) by 桃崎有一郎 ダウンロード PDF EPUB F2