最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

健康という病 (幻冬舎新書)

  • 63 読みたい
  • 92 現在読んでいるもの

発行元 山田悟 .

    Download 健康という病 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, 健康という病 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする 健康という病 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 健康という病 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 健康という病 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  五木寛之
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2017年12月26日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000404052
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    健康を過度に気遣うことは、一種の病気である


    津波のような健康情報の中で

    何が正しくて何が必要かを選択する

    ヘルスリテラシーのすすめ

あなたも好きかもしれません

健康という病 (幻冬舎新書) by 山田悟 ダウンロード PDF EPUB F2

年末、新聞紙上で宣伝されていたので、購入してみました。
五木寛之氏(今年86歳位)の健康について感じていることのエッセイのような感じです。
*
健康を過度に気遣うことは、一種の病気。津波のような健康情報の中で、何が正しくて何が必要かを選択するヘルスリテラシー(健康を決める力)のすすめ…と宣伝されていました。
*
電子書籍でも、文章が平易なので、PCであれば短時間で読めました。読んだ感想は、ご自身の体験と想いがやや冗長(笑)。ロジカルって感じはしませんでした。=が、私達が普段感じていることを、的確に文章化されるのは、さすが・・だと思いました。意外に中道的で普通の健康観を持ってらっしゃるのだな、と私は思いました。
*
五木氏のこのエッセイは、大体、章の最後に、要約が書かれているようです(笑)。印象に残った言葉を少しご紹介させて頂きます♪
・人はすべて大なり小なり病人である。完全な健康などというものはない。元気な病人として今日一日を生きる。
・一応それなりの健康を気遣いつつ、気楽に暮らすというのが今考えられる最良の健康法ではないか。
・養生の第一歩は、体が発する信号(身体語)を的確に受け取ることである。
*
目からウロコ…という内容ではないと思います。が、日々こういう心持で生きていると、ストレスが少なくなるだろうな~とは思いました(笑)