最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫)

  • 9 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 紀野一義 .

    Download 生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  紀野一義
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2015年03月13日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000004827
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    種田山頭火、尾崎放哉…。本書は、全国を放浪しつつ句作を続けた二人の男の話から始まる。山頭火は家業の倒産、弟の自殺、離婚、父の死などの不運の連続により、人としての崩壊を眼前に出家する。しかし寺に落ち着くことなく、一切を捨て去り、酒と旅と句作に生きた。放哉は、東京帝大を卒業後、生命保険会社に就職。が、その要職も妻子も捨て、放浪生活に入る。寺男・堂主の生活を送りながら句作を続けた。二人に共通するのは、句作だけではない。家族、財産・地位・名誉・義理など、世の人が後生大事に守ろう、得ようとするものから縁を絶ち、何もかも放り出さなければ生きられなかった点である。まさに「生きるのが下手な人」の代表格だ。本書には、貧乏書家時代の相田みつをなど、12人の「人生下手」が登場する。しかし、皆、生きたいように生きた人間ばかりだ。生きたいように生きる。その大切さを彼らの生き方を通して説く、救いの人生論である。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫) by 紀野一義 ダウンロード PDF EPUB F2