最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

珈琲が呼ぶ

  • 61 読みたい
  • 3 現在読んでいるもの

発行元 藻谷浩介 .

    Download 珈琲が呼ぶ 本 Epub や Pdf 無料, 珈琲が呼ぶ, オンラインで書籍をダウンロードする 珈琲が呼ぶ 無料で, 本の無料読書 珈琲が呼ぶオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 珈琲が呼ぶ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  片岡義男
    • 発売日:  2018年11月01日
    • 出版社:  株式会社ボイジャー
    • 商品番号:  9784862398475
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    写真と文章で綴られる、珈琲がある日常についての考察と記憶の断片。だからコーヒーそのものは語られない。


    「珈琲が呼ぶ」というタイトルが正に相応しい。珈琲に呼ばれて、そこから思考を縦横に伸ばしていくエッセイというより、これは片岡義男が若い頃に量産していた、いわゆる「コラム」だ。例えば、豆がどうした、焙煎が、淹れ方がといった話は出てこない。どこのコーヒーが美味しいという話も当然ない。しかし、喫茶店の椅子の話や神保町で原稿を書いていた時代のこと、コーヒーの歌の話、私立探偵はコーヒーを飲むか、「コーヒーでいいや」問題。コーヒーが中心に、しかしコーヒーそのものが書かれる事はない名人芸のようなコラム集。


    【目次】

    一杯のコーヒーが百円になるまで

    「コーヒーでいいや」と言う人がいる

    Titanium Double Wall 220mg

    喫茶店のコーヒーについて語るとき、大事なのは椅子だ

    四つの署名、一九六七年十二月

    去年の夏にもお見かけしたわね

    ミロンガとラドリオを、ほんの数歩ではしごする

    なにか冷たいものでも、という言いかた

    白いコケインから黒いカフェインの日々へ

    いいアイディアだと思ったんだけどなあ

    さてそこでウェイトレスが言うには

    ただ黙ってうつむいていた

    小鳥さえずる春も来る

    ボブ・ディランがコーヒーをもう一杯

    マグとマグの差し向かいだから

    ほんとに一杯のコーヒーだけ

    ブラック・コーヒー三杯で、彼女は立ち直れたのか

    知的な判断の正しさと絶対的な安心感

    アル・クーパーがブラック・コーヒーを淹れた

    モリエンド・カフェ

    Coffee Bluesと、なぜだか、コーヒーブルースと

    なんとも申し上げかねます

    五時間で四十杯のコーヒーを飲んだ私

    ある時期のスザンヌはこの店の常連だった

    午前三時のコーヒーは呑気で幸せなものだった

    さらば、愛しきディマジオよ

    ほとんど常にくわえ煙草だ

    昨日のコーヒーと私立探偵

    テッドはコーヒーを飲むだろうか


    【著者】

    片岡義男

    1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。https://kataokayoshio.com/

あなたも好きかもしれません

珈琲が呼ぶ by 藻谷浩介 ダウンロード PDF EPUB F2